GoPro HERO 9

GoPro HERO9で撮影した動画をYouTubeにアップロード後、画質が悪くなる現象について

せっかくGoProHERO9を購入したのに

撮影した動画をYouTubeにアップしたらなんだか画質が悪い…

色々調べて動画の書き出し方法を見直してみたんだけど、一向に改善されず…。

試しに半日くらい時間をおいてから確認すると、見事に画質が改善されました。

問題解決方法がこんなに簡単だったとは…!

ただ、この簡単な答えにたどり着くまで、半日以上は悩んでいたので、備忘録としてその過程をまとめてみました。

1カ月間、YouTubeに毎日AVを投稿し続けた結果|働きたくなさすぎてYouTube始めたらアニマルビデオ、略してAVをYouTubeに投稿し始めてから早1カ月が経過しました。 最初は「動物チャンネルだしすぐに100再生ぐ...

使用している機材と編集ソフト

今回私が使用したのは

撮影機材 GoPro HERO 9
編集ソフト Adobe Premire Pro

の2つです。

今回編集した動画の尺は3分ほどで、書き出し設定で操作しているのは

書き出し設定の形式・プリセットと出力名(出力先)の3か所のみ。

それぞれ、

形式 H.264
プリセット YouTube 1080 フル HD
出力名 任意のファイル名

に設定しています。

編集中の画質はスマホで撮影した動画以上にかなりよくて、アップロードするのがめちゃくちゃ楽しみだったのですが…。

いざアップロードしてみるとコレ…。

映っているすべての輪郭がつぶれていて、かなりしょんぼりしました。

それでも「時間が経つときれいになる」という言葉を信じ、小一時間ぐらい待ってみたのですが一向に改善されず…。

書き出し方法が悪いのかも?と今回、初めて書き出し設定のそのほかの項目をいじってみることにしたのです。

スポンサーリンク

YouTube用に動画を最高画質に書き出す方法|premierの場合

参考にしたのは、最近よく見ているもりすくさんのコチラの動画です。

YouTubeの仕組みやpremiereで動画を書き出す際の設定手順がわかりやすく解説されています

今回はこのもりすくさんの動画に従って、実際にYouTubeにアップロードする上での”最高画質”で書き出してみることにしました。

書き出し設定

まず最初に触るのは、書き出し画面一番上にある”書き出し設定”の項目です。

こちらは、前述した設定と変わらず、

形式 H.264
プリセット YouTube 1080 フル HD
出力名 任意のファイル名

で書き出しています。

基本ビデオ設定

次に設定するのが画面中央部にある【基本ビデオ設定】の項目です。

この基本ビデオ設定の下にある【最大深度に合わせてレンダリング】にまずはチェックをつけていきます。

エンコード設定

続いて、基本ビデオ設定をスクロールして【エンコード設定】を編集します。

操作するのは、プロファイルとレベル。

それぞれ【ハイ】【4.2】を選択しています。

ビットレート設定

続いて、エンコード設定のさらに下にあるビットレート設定を変更します。

ビットレートエンコーディングを【VBR、2パス】に。

ターゲットビットレートは15、最大ビットレートを40に設定しました。

最高レンダリング品質を使用

最後は、設定画面下部にある【最高レンダリング品質を使用】にチェックをつけて完了です。

もりすくさん曰く、この設定で、YouTubeにアップできる最高画質の動画を出力することができるらしい。

ただし、エンコードに通常の倍くらい時間がかかるので、スペックに余裕のないPCで作業している場合は注意が必要です。

設定変更後に書き出してみた

で、実際に書き出してみた動画がコチラです。

ええ…、すごく画質悪くない…!?

4分の動画を書き出すのに、13分かかったのに…!?!?

最初のアップロードした動画と比較してみると、設定をいじって出力した動画の方が、画質が悪く見えます。

これはますます訳が分からない…。

試しに、動画の下にある【設定】マークから画質の項目を確認してみました。

すると…。

フルHDでアップしているはずなのに、一番画質が低い360pしか選択肢が無い…!

これはもしかしなくても、時間の問題な気がしてきました。

一応、アップロードしてから小一時間は経過しているのですが、それだけじゃ足りないということか…!

というわけで、ここでもう少し時間を置くべくこの日は就寝しました。

画質低下の原因は至ってシンプルだった

で、翌日、同じ動画の画質設定を開いてみると…。

1080のフルHDが表示されている…!!!!

試しにフルHDで動画を再生してみると、前日より明らかにきれいな画質です。

あれだけ悩んだのに、ただの時間の問題だったとは…。

ついでに、最初にアップした動画の画質設定も確認すると、ここにもフルHDが…!(ただし、自動選択で再生画質が480pになっていた

最高画質の動画と比較するため、同じくフルHDで再生してみると…。

なるほど、違いがわからないくらいきれいな画質ですw

時間を置けばきれいになるなら、わざわざ書き出しに時間のかかる最高画質にしなくてもよかったかもしれない…。

スポンサーリンク

YouTube動画の画質は時間とYouTubeの設定が解決してくれる

約2時間ほど悩んだ動画の画質問題ですが、答えは

  • 時間
  • YouTube側の再生画質設定

と至ってシンプルなものでした。

ただ、この答えにたどり着くまで半日もかかってしまったw

知識が無い故のことですが、同じように悩む方も少なからずいらっしゃると思うので、

今回は備忘録としてまとめています。

もし同じように画質の良しあしで悩んでいる場合は、半日ほど時間をおいて動画を見直してみてくださいね。

その他、何が影響しそうなことがあれば随時追記したいと思います。

おわり

created by Rinker
GoPro(ゴープロ)
¥48,020
(2021/10/17 21:19:47時点 Amazon調べ-詳細)