総合支援金の話

【コロナ特例】収入ゼロブロガーが総合支援金に申し込んでみた結果|申し込み方法から入金までの流れ

総合支援金の申込書類をポストに投函してから約3週間、ついにきました承認通知!

緊急小口資金(特例貸付金)で1度審査が通ってるとは言え、3週間も待たされるとは思っていなくて、

通知書が届いた今朝も「まさか審査落ち?!」と怖くて自ら封筒を開けることができなかった。

しかし、ついに!!!初回の振り込み予定日が印字された『生活福祉資金貸付資金交付のお知らせ』を手にすることができました。

いや~長かった。

Twitterで検索をかけると、私と同じように総合支援金の振り込みを今か今かと待ちわびている人が多数見受けられました。

ってわけで今回は、東京から飛行機で2~3時間の僻地に住む私が、総合支援金が入金されるまでの流れをまとめてみました。

総合支援金って?緊急小口資金との違い

総合支援金は、失業中、またはそれに近い状態の人に向けて、生活を再建するために必要な生活費用を、自治体が無利子で貸し出す制度です。

もともと、失業中の人に向けて実施されていた制度ですが、今回新型コロナウィルスの影響に対する特例が認められ、

申し込みの簡略化

審査基準の緩和

が実施されました。

基本的に、新型コロナウィルスの影響で収入が減った人、仕事を失った人であればだれでも申し込むことができて。

原則3カ月間、1世帯につき月15~20万円

のお金を借りることができます。

通常の総合支援金と違い、保証人なしの場合でも無利子で借りられるのがポイントです。

返済開始は一年後、さらに約10年間の返済期間が設けられています。

スポンサーリンク

総合支援金の申し込み方法|コロナ特例編

総合支援金の窓口は、は各地自体の社会福祉協議会です。

申し込み方法は、基本的に郵送

社会福祉協議会のホームページで必要な書類をダウンロードし、振込先の通帳のコピー・身分証のコピーと一緒に社会福祉協議会へと送ります。

必要な書類は下記の通りです。

  1. 借入申込書
  2. 借用書
  3. 重要事項説明書
  4. 収入の減少状況に関する申立書
  5. 住民票謄本(本籍地入り)の原本
  6. 借入金を振り込む金融機関の通帳コピー
  7. 顔写真付きの身分証明書のコピー

住民票を準備したり、通帳や身分証明書のコピーを準備したり、面倒な部分はありますが、基本的に難しい書類はありません。

例えば「収入の減収状況に関する申立書」も、減収前後の収入金額や減収した理由など、記入する項目は至ってシンプルです。

私が以前、緊急小口資金を借りた際は、ブログのアクセス状況をプリントアウトして持って行ったりしたのですが、

そういう”減収を証明する書類”みたいなものは必要ないみたい

新型コロナ対応に伴う緊急小口資金特例貸付金を借り入れている場合

ちなみに、すでに緊急小口資金(特例貸付金)を借り入れている人の場合、必要書類は下記の3枚のみでOK!

  1. 借入申込書
  2. 借用書
  3. 重要事項説明書

住民票や身分証のコピーなどは必要ないので、めっちゃらくちんでした。

通常の総合支援金の場合、面談があったり、もう少ししっかりとした収入状況の確認などがあるみたいなので、

新型コロナウィルスの影響で申し込み手順が簡略化されてる今、正直めちゃくちゃありがたいです。

審査結果がわかるのは?入金までの流れ

私が総合支援金の申し込み用紙を郵送したのは、6月6日土曜日。

それから一切の連絡がなく、「もう入らないのかも?」とあきらめかけていた3週間後の今日、『生活福祉資金貸付資金交付のお知らせ』という承認通知が届きました

通知書には、最初の振り込み年月日と一緒に、

  • 振込額
  • 振込口座
  • 合計貸付金額
  • 分割交付貸付金貸付表

等が記載されていした。

私の最初の振り込み日は、『令和02年06月29日』。

申し込み(書類をポストに投函した日)から23日が経過しています。

7月に入る第2回、8月に入る第3回目の振り込み日についてはあいまいな記載だったので、いつ振り込まれるかは不明。

自治体によっては、3か月分が一括で振り込まれることもあるようです。

こちらも分かり次第追記しますね!

スポンサーリンク

総合支援金の審査は約3週間かかる

緊急小口資金と比較すると、総合支援金は審査に時間がかかる場合が多いようです。

体感では、申し込みから約3週間前後で入金されている人が多いように感じました。

3週間を越えても音沙汰がない場合は、一度申し込み窓口へ確認してみるのもありだと思います。

これから申し込みをしよう!と思っている人の中には、『3週間も待てないよ!』という人も多いと思います。

そういう場合は、入金まで約1~2週間程度の緊急小口資金を同時に申し込んでおくと安心です。

緊急小口資金の申し込み方法については、下記の記事にまとめていますのでぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

追記 入金確認できました

6月29日月曜日、無事に第1回目の総合支援金の入金を確認できました!

第2回目の入金がその二日後、7月1日だったのにはちょっとびっくりしましたが、

これで無事に2回分の振り込みが終わったことになります。

この感じだと第3回目の入金は8月1日かな?

もちろん、地域差もあると思いますが、どなたかの参考になれば幸いです。

8/4 追記 最後の入金確認しました!

7月30日、最後の入金確認できました!!

きっかし15万円ふりこまれていたので、これであと1~2カ月は生き延びることができます。

今後は、このお金を糧に新しい土地に引っ越して仕事探しを始める予定です。

その様子をTwitterやブログにて更新していくので、また遊びに来てくださいね!

おわり