未分類

【失業保険1日いくらもらえる?】月給17万の契約社員だった私の場合|申請から実際に受け取るまでの流れをまとめてみました。

会社をやめるときは、次の仕事が決まってからが良い。転職を経験している人も経験していない人も口をそろえて言う言葉。

その理由は、無収入の状態で就職先を探すと、焦って望んでいる仕事とは違う業種に就職してしまう可能性が高くなるからだと思います。

でも、転職活動は結構たいへんです。私のように万年寝太郎の体力が無い人間からすると、月〜金しっかり働いた上での転職活動なんて至難の技。

そのため、これまで4回経験した転職活動全てにおいて、在職中の会社を退職後に行動していました。

そんな私の転職活動を支えてくれたのが、雇用保険の失業手当(失業保険)。受給資格を満たせば、国から生活費を支給してもらえるありがた〜〜〜〜い制度です。

実際に貰える金額や期間は、在職中の賃金や在職期間によって変わってきます。

というわけで今回は、月給17万の元アラサーOLが実際に失業保険を受け取るまでの流れをまとめてみました

知らなきゃ損!無職の生活を支えてくれる雇用保険の失業手当(失業保険)とは?

雇用保険の失業手当とは、失業中でもより良い転職活動が行えるよう、求職者の生活を支える厚生労働省からの給付金です。

別名『求職者給付金』または、『失業保険』とも言われています

手続方法は、退職した会社から発行される離職票に添付された小冊子『離職された皆様へ』で確認するか、各地域のハローワークの公式サイトにて確認できます。

f:id:oki-gura:20190810201702j:image

ハローワーク公式サイトはコチラ⇒ハローワークインターネットサービス – 雇用保険手続きのご案内

最大21ヶ月間もらえる給付金の申請ガイド【退職NOTE】

スポンサーリンク

失業保険の受給資格

失業保険を受給するには、

失業していること

すぐに働ける状態にあること

直近の離職から1年以内であること

退職日より前の2年間に12ヶ月以上、被保険者期間があること

など、いくつかの条件があります。

『すぐに働ける状態にあること』というのは、すぐに就職活動を行える状態ということです。

家事や家業に専念するために退職した場合、自営業を開始または準備に専念する場合、次の就職が決まっている場合などは原則として失業保険を受給できません

ただし、病気療養や出産、育児ですぐに働けない場合は、別に『受給期間延長申請』を行い、失業保険手続き可能期間を延長してもらう事ができます。

失業保険の支給開始時期と期間は、下記のとおりです。

離職理由 解雇・定年・契約満了 自己都合・懲戒解雇
支給開始日 求職申請してから約1週間後
(※実際に受け取れるのは1ヶ月後)
求職申請から約3ヶ月後
(実際に受け取れるのは1ヶ月後)
f:id:oki-gura:20190810201739j:plain

失業保険支給開始時期と期間引用:『離職された皆様へ』

契約社員だった私のように、『契約満了』で退職した場合は、失業保険を申請してから約1ヶ月前後で給付金が受け取れます

退職理由が『自己都合』の場合は、3ヶ月間の給付制限が経過した後にしか給付金を受け取ることができないので、注意が必要です。

雇用保険(失業保険)の申請に必要な持ち物

雇用保険の申請に必要な持ち物は下記の通りです。

  1. 離職票ー1
  2. 離職票ー2
  3. マイナンバーカード(無い場合は個人番号通知カードまたはマイナンバーが記載された住民票+免許証などの身元確認書類)
  4. 印鑑
  5. タテ 3.0cm ✕ ヨコ 2.5cm (運転免許証サイズ)
  6. 本人名義の通帳

離職票は通常、会社を退職してから1ヶ月前後で自宅に送られてきます。

離職票の発行手続きに時間を要する場合は、退職した会社から発行してもらえる退職証明書または、雇用保険喪失確認書を代用して、雇用保険の仮申請を行えます。(※ただし後から離職票を提出する必要有り。)

離職票を待たずに仮申請を行うことで、気持ち少しだけ失業保険がもらえる日にちを早めることができます

いつからもらえる?契約満了で退職した私が、実際に雇用保険を受け取るまで

雇用保険を実際に受け取るまでの流れは下記の通りです。

1.退職

2.雇用保険の申込み&認定

3.雇用保険説明会

4.待機期間(個人面談にてハローワークの使い方などの説明を受ける)

(4.5.退職理由が自己都合の場合、3ヶ月の給付制限

5.失業の認定

6.基本手当の支払い

契約社員として約2年務め、退職理由が『契約満了』だった私の場合はこんな感じ。

6/30 退職

7/16 離職票受取(ほとんどの会社の場合、1ヶ月かかると思いますが、今回は早かった…!)

7/17 ハローワークにて失業保険の申し込み&認定(※ この時、失業保険受給までの流れが記載された『雇用保険の失業等給付受給者資格者のしおり』を配布されます。

7/25 初回講習セミナー(個人面談にてハローワークの使い方などの説明を受ける)

8/1 雇用保険説明会(※ この時、1日の支給額が記載された雇用保険受給者資格者証をもらえます。)

f:id:oki-gura:20190810201939j:image

8/14 第1回 失業認定日 23日分の貰える金額が決定

8/21 初回給付金の支払い

今回は自己都合による退職ではないため、3ヶ月の給付制限を免れました。

失業保険を申し込んでから実際に給付金を受け取るまで、約1ヶ月半ほどかかっています

初回給付金を受け取るまでの流れは、各個人や地域に多少変わってくる場合もあるので、飽くまで参考程度にとどめておいてくださいね。雇用保険の申込時に配布される『雇用保険の失業等給付受給者資格者のしおり』をご確認くださいね。

1日いくらもらえる?月給17万だった私の場合

失業保険の給付金額が明確になるのは、失業保険の申込みから約2週間後の初回講習セミナー時。

この時配布される『失業保険資格証明書』に記載されています。

f:id:oki-gura:20190810201939j:plain

失業保険資格者証明証

月給17万、最後の半年間に月1〜2日ほど欠勤を繰り返していた私の場合は¥4,156。

f:id:oki-gura:20190810195651j:image

欠勤しなければもっと(といっても100円程度)もらえたと思う。

自分で金額を計算する場合は、【離職以前の6ヶ月の賃金の合計】÷ 【180(3ヶ月)】✕ 【給付率:50〜80%】で算出することができます。

f:id:oki-gura:20190811130611j:image

引用:雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり ※2019.8.時点

給付率は、在職中の賃金が低いほど高く、在職中の賃金が高ければ低くなる仕組みです

月給17万の場合は、170,000÷180✕給付率(50%〜80%)=約4,200、という計算になります。

1日に4,200円はちょっと少なすぎでは?と思いますが、土日祝日も含めた1日4,200円なので、実際にもらえる金額は4,200円✕30日=126,000

ごめんなさい、やっぱり普通に生活するには少ないわ…。

ただし、初回認定日は約20日分、2回目認定日は約30日分など、毎回1ヶ月分かっちりもらえるわけではないので注意が必要です。

また、単発のアルバイトや副業で収入を得た場合、実際の支給金額ー単発収入の差額分が支給される場合があります

これについてはまた後日の記事でまとめる予定ですが、単発のアルバイトを考えている人や、すでに副業でいくらか収入を得ている場合は、一度ハローワークの相談員さんに確認を取ることをおすすめします。

給付率が何%かわからない!と言う人は、こちらの早見表を参考にしてね。

f:id:oki-gura:20190811130502j:plain

賃金日額および基本手当当日額早見表引用:雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり ※2019.8.時点

早めに転職先を決めると得!再就職手当について

失業保険の受給期間を3分の1残した状態、つまり、早めに就職先が決まった場合、『再就職手当』というものがもらえます。

金額は、失業保険の残日数が30日以上の場合で支給率の60%。60日以上残っている場合は70%

例えば、1日の支給額が4,000円の人の場合、4,000✕30÷60%=72,000、 60日以上残っている場合は、4,000✕60÷70%=168,000の再就職手当が支給されます。

ただし、過去3年間ですでに一度、再就職手当をもらっている人は支給されません。

コチラは、2年前に私が貰った再就職手当の金額です。

前回は3ヶ月の給付制限期間中に就職先を決めたので、4,390(1日の支給額)✕90(残日数)÷70(%)で276,570円もらうことができました。

このお金で念願のロシア旅行の前金を払ったのは良い思い出です。

※ 再就職手当が支給されるまで1〜2ヶ月ほどかかります。

スポンサーリンク

まとめ

というわけで今回は、契約満了で退職した28歳元OLの失業保険受給までの流れや、実際の金額をまとめてみました。

給付金を受給中は、単発のアルバイトや副業がしにくいとか、月に2〜3回ハローワークに通う必要があるなど、ちょっと面倒くさいですが、じっくりと転職先を探すためにはぜひ活用したいシステムです。

実際の受給までの流れは、各都道府県によって違う場合があります。

不安な場合は直接地域のハローワークに確認してくださいね。

おわり

最大21ヶ月間もらえる給付金の申請ガイド【退職NOTE】