持続化給付金の話

2019年開業ブロガーが持続化給付金に申し込んでみた。|売上台帳の作り方と申請手順

こんにちは!5月の収入がゼロになることが確定したアスだよ!!

期待していた10万円(特別定額給付金)も、申請開始が7月になるらしく、

人生で初めて地元を恨むところだった。

そんな暗黒物質に包まれようとした私の前に姿を表したのが持続化給付金!

新型コロナウィルスの影響により収入が減少した個人・法人事業主に向けて

事業の継続を支え、

再起の糧となる

その他事業全般

等、広く使える給付金です。

2019年に開業したばかり

何をやっているかうまく説明できないブロガー

の私は、最初申請しても給付金を受け取れる可能性が低いと思っていたのですが、

色々調べていくうちに、どうやらもらえそうなことが発覚!

申し込まない手は無い!とつい先ほど慌てて申請した次第です。

というわけで今回は、2019年開業×ブロガーの私が実際に持続化給付金に申し込むまでの手順をまとめてみました。

持続化給付金の受給条件については、経済産業省の公式ページをチェックしてね!

【持続化給付金】申請からほぼ1ヶ月、ついに入金されました!!!【5/3申請組|30万番台】5月3日に持続化給付金を申請してからほぼ1ヶ月が経過した本日。 ついに、 ついに…!!!!! 入金されました!!!!!...

持続化給付金|まずは条件をチェック!

持続化給付金とは、新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、

前年同月比の50%以上売上(事業収入)が減少している

今後も事業を継続する意思はある

事業者に対して、国から支給される給付金です。

個人の場合は最大100万円、法人の場合は最大200万円が支給されます。

この給付金を申請するにあたり、まず自分の前年同月の売上が50%を下回っているかどうかを確認する必要があります。

また、2019年に開業した事業主は

通常の申請方法

創業特例を使用した申請方法

2つから申請方法を選択できる仕様になっています。

新規開業特例の計算方法はコチラ。

2019年11月に開業した私の場合

2019年11月にブロガーとして開業した私の場合、

もともと副業としてブログを運営していたこともあり、開業後よりも開業前の収益が大きいので、

今回は通常の申請方法を利用して申し込みを行いました

スポンサーリンク

必要書類|個人事業主の場合

持続化給付金を申し込むにあたって、必要な書類は下記の通りです。

  1. 確定申告書類(青色の場合は3枚、白色は1枚)
  2. 2020年の対象月の売上台帳
  3. 通帳の写し(表面と通帳を開いた1ページ目の2枚)
  4. 本人確認書類の写し

去年の11月に開業し、今年の2月に人生初の確定申告にチャレンジした私は、確定申告の書類については問題はありませんでした。

が、「売上台帳」がない。

というわけで、1から作ることに。

売上台帳って何?ブロガーの私の4月の売上台帳サンプル

売上台帳を作るにあたって、参考にしたサイトは下記の3つです。

【完全版】持続化給付金攻略バイブル【最終更新:5月3日】によると、売上台帳には

  1. 取引日付
  2. 売上金額
  3. 相手先名
  4. 摘要

の4つが記録されていれば良いとのこと。

また、ブログやアフィリエイト収入が発生した時の帳簿の付け方を解説【ブロガーの青色申告】によると、

ブロガーのアフィリエイト報酬は実現主義で、収益が確定した段階で帳簿をつける必要がある

とのことだったので、私の売上台帳には、日々の発生報酬額ではなく、月末に確定した金額のみを「売上金額」として記載しています。

こちらが実際に作成した私の2020年4月の売上台帳です。

※ めっちゃ本物

これをつかって、いざ申請!

2019年開業ブロガーが持続化給付金に申し込んでみた

① 仮登録

持続化給付金を申請するにはまず、下記の「持続化給付金事務局ホームページ」へアクセスし仮登録を行う必要があります。

オレンジ色の【申請する】ボタンを押すと、事業形態とメールアドレスを入力するフォームが表示されます。

全ての項目を入力したら、【全ての事項に同意します】にチェックをつけて次へ。

入力内容を確認したら登録ボタンを押して本登録へと進みます。

② 本登録

仮登録をしたあと、すぐに【持続化給付金事務局】から本登録への案内メールが届きます。

このメールに従って、本登録画面へ。

ログインIDとパスワードを入力して登録ボタンを押すと、本登録が完了です。

③ 基本情報の入力

本登録完了後は、いよいよ持続化給付金の申し込みフォームです。

まずは、表示された宣誓書のチェック項目を確認します。

全てにチェックをつけたら、基本情報の入力です。

このページでは

  • 屋号
  • 住所
  • 事業の業種
  • 設立年月日(開業日)

等を入力します。

業種形態|ブロガーの私の場合

業種形態は【日本産業分類】の分類一覧に従って入力します。

しかしながら、この日本産業分類には”ブロガー”に該当する業種はありません。

というわけで私は、文筆業の著述家や広告業が分類される【学術研究,専門・技術サービス業】の【専門サービス業(他に分類されないもの】の中から【その他の専門サービス業】を選択しました。

業種選択については、下記記事を参考にしています。

基本情報の入力が終了したら、申請方法を選択して次に進みます。

④ 売上額の入力

続いては、売上金の入力です。

各項目の指示に従って、自分の事業収入を入力していきます。

私の場合はこんな感じ。

サンプルと表示していますが、入力している数字はほぼリアルな数字です。

売上額を入力した後は、給付金を振り込んで欲しい銀行口座情報を入力します。

この時、指定する銀行の金融機関コードが必要になります。

ご自身が使っている銀行の金融機関コードがわからない場合は、金融機関コード検索サイトでご確認くださいね。

⑤ 添付書類

続いては、事業収入や事業者本人であることを確認するための添付書類の項目です。

添付書類は、写真やスキャンなどの画像(jpg,jpeg,png)またはPDFファイルでの提出が可能

2019年開業×ブロガー、去年青色申告をしている私は、

  1. 2019年の確定申告第一表
  2. 2019年の所得税青色申告決算書
  3. 2019年の所得税青色申告決算書
  4. 2020年の対象月の売上台帳
  5. 本人確認書類

の5つの画像ファイルを添付しています。

⑥ 入力事項&宣誓事項の確認

最後は、入力事項&添付書類と一緒に、もう一度宣誓事項を確認します。

自分に支給される予定の金額は、この最後の確認画面でチェックすることができます。

底辺ブロガーの私は、残念ながら100万円もらうことができず…!

全ての項目に目を通して間違いがなければ申請ボタンを押して終了です。

お疲れさまでした。

スポンサーリンク

まとめ

2019年開業で、業種形態の曖昧なブロガーの私。

「売上台帳が必要」とか「2019年開業の人には特例がある」と言われた時には、

もしかして手続き申請めちゃくちゃ大変な上に、スズメの涙程度しかもらえない可能性もあるのでは?

とかなり不安でした。

しかし、実際に申請してみると意外にカンタン。

個人的には、申請前に調べるより、実際の申請フォームをみながら自分に必要な書類とかをチェックした方が早いのでは?と思ったりもしました。

自分で調べた情報だけではやっぱり不安!と言う人は、下記の『オタク会計士さん』の動画がとても参考になります。

ぜひ一度ご覧になってみてくださいね。

おわり