iPad Pro

【超簡単】iPadをMacBookのサブディスプレイとして使う方法【ケーブル不要】

iPadがPCのサブディスプレイとして使用できるってしっていましたか?

実は同じApple製品同士であれば、無線接続でiPadをMacのサブディスプレイとして使用することができるんです!

というわけで今回は、iPadProをM1MacBook Airのサブディスプレイにする方法をサクッとまとめてみました。

iPadをMacBook Airのサブディスプレイにする方法

iPadをMacのサブディスプレイにする方法は公式ページでも解説されています。

手順は簡単!

現時点で最新版のOS”Big Sur”を使っている場合は、コントロールセンターまたはメニューバーで「ディスプレイ」メニューをクリックし、メニューから iPad を選択するだけです。

まじでこれだけなので、なんでわざわざ解説記事を書いているのか自分でもわかりません。

でもとりあえず実際にやっていきます。

スポンサーリンク

実際にやってみました

まずは、MacBookとサブディスプレイにしたいiPadを用意。

iPadのロックを解除した状態で、MacBookの画面右上にあるコントロールセンターからディスプレイを選択します。

すると、【接続先】という項目にiPadが表示されるかと思います。(※表示されない場合は、公式サイトのシステム要件をご確認ください。

【iPad】を選択し、【個別のディスプレイとして使用】をクリックするとこの通り。

iPadが、MacBook Airのサブディスプレイとして切り替わりました。

ただ、このままだと、iPadを置いている位置と設定が真逆になっていてちょっと使いにくいです。

というわけで、次にサブディスプレイの位置を設定していきます。

サブディスプレイの位置の設定方法について

サブディスプレイ(iPad)の位置は、【システム環境設定】【ディスプレイ】にある【配置】という項目で設定できます。

中心に表示されている水色の四角がディスプレイ。

メインのディスプレイ(Mac)には上の部分に白いラインが引かれているのでわかりやすいと思います。

この四角を、左右上下、自分の好きな場所に動かします。

我が家の場合は、サブディスプレイ(iPad)を右側へ移動しました。

するとこんな感じ。

右側に動かしたウィンドウが、iPadに表示されるようになりました。

これで、iPadのサブディスプレイ化が完了です。

iPadの接続を解除する方法

iPadの接続を解除する場合は、iPad画面の左下に表示されている「接続解除」をタップするか、

Macのコントロールセンターに表示されている【iPad】をクリックする必要があります。

スポンサーリンク

iPadをサブディスプレイ化できない場合の対処法

Macのコントロールセンターに”iPad”が表示されない場合は、公式サイトのシステム要件を確認してみてください。

OSや端末が古い場合や、メインPCと同じAppleIDでログインしていない場合は、うまくサブディスプレイ化ができないそうです。

ちなみに、我が家でも2019年製MacBookPro2017年版のiPad Proで同じようにサブディスプレイ化を試みたのですができませんでした

誰か解決方法を知っている人がいればぜひ教えてください(ぇ

システム要件満たしてないけどなんとしてもサブディスプレイにしたい!」って場合は、Duet Displayってアプリもオススメです。

Duet Display
Duet Display
開発元:Duet, Inc.
¥1,220
posted withアプリーチ

有料だけど、買い切りでトーマスガジェットさんも絶賛していたし、こっちをチェックしてみるのも有りかもしれません。