現代BL

【188男団】188のサスペンス劇場はこちら!火焰戎装のあらすじとメディアミックス情報

やっと読んだぞ188男団の10作目!

刑事事件もので謎が多いせいか、188男団の中でもかなり読むのに時間がかかりました。

が、個人的には188男団の中でベスト3に入る面白さだと思っている。

というわけで今回はそんな188男団の10作品目『火焰戎装』のあらすじとメディアミックス情報をまとめていきます。

火焰戎装のあらすじ

火焰戎装は、中国の人気BL作家水千丞先生による現代BL作品です。

主人公は、消防署の隊長:任燚(レンイー)

元消防隊員の父の背中を見て育った30歳で、正義感が強く情に厚い男です。

任燚のお相手は、24歳の宫应弦(ゴンインシェン)

19年前の化学工場爆発事故で家族を亡くした刑事(資産家でもある)です。

この2人が、当時の化学工場火災事件の真相を探るために力を併せて様々な事件に立ち向かいます。

正直、刑事物は小難しいので私自身は苦手だったんですが、この作品は魔翻訳でもすらすら読めたし、他の188男団と違って涙を流したりしました。

登場人物紹介

任燚(RenYi/レンイー)30歳​

任燚

消防隊の隊長でゲイ(もともとはタチ)

元消防隊で、痴呆症の父の世話をしながら生活する。

もともと気が短く頑固タイプだが、現場であらゆる苦難を経験したため今では頼れるみんなの兄貴的存在。

宫应弦/宮應絃(GongYingShen)

宫应弦

主人公に救われたの宫飞澜(14歳)の兄で放火事件を専門とする刑事(実家は大富豪)。

IQはめちゃくちゃ高いが潔癖でお子ちゃま。幼い頃に火災によって両親を亡くし、自分の殻に閉じこもって成長したため感情表現がど下手な不器用さん。(宇宙人ともいう)

共感能力が低いため時々やらかす。

火を見ると嘔吐するぐらい火が苦手で、それが影響してか人肌より温かい食べ物も苦手。

宫飞澜(ゴンフェイラン)GongFeilan

宫应弦のいとこ。主人公に助けられたことをきっかけに主人公に付き纏うようになる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

火焰戎装のメディアミックス情報

火焰戎装の原作は中国の小説配信サイト爱奇艺文学で閲覧できます。

大人表現は修正されていますが、5章まで無料です。

実態書は、現時点で出版されていないようです。

関連作品

火焰戎装には、188男団シリーズのひとつ「一醉经年」の主人公二人も登場します。

時系列的には、一醉经年のその後が描かれているので一醉经年を読んだ後がおすすめ。

0