中華声優情報

病弱キャラなら世界一!?中華声優『夏磊』先生とその出演作品まとめ

夏磊(シャーレイ)先生

夏磊先生は、中国大陸で活躍する声優兼演技監督です。

ファンからは”磊哥(磊兄さん)”の愛称で親しまれていて、実写映画やドラマの吹き替えからアニメ、ゲームにラジオドラマ、CMと、さまざまな舞台で活躍しています。

そんな磊哥、日本では千秋(山河剣心)の沈峤役として有名ですね。

沈峤もそうですが、中華BL界では

  • 梦溪石原作 『千秋(山河剣心)』:阿嶠(受)
  • 天涯客:周子舒(受)※ラジオドラマ
  • 二哈和他的白猫师尊:楚晚宁(受) ※同人ラジオドラマ

と基本的には病弱な受け役を演じることが多いようです。

で、ゼエゼエ息を切らすシーンが多いんだけど、これがめちゃくちゃセクシーだと評判で、中国のファンから「喘ぎ声の神(または車の神)」なんて言われています。

夏磊-LEON 先生の基本情報

英名 LEON/Lei Xia
愛称 磊哥(レイ兄さん)
生年月日 1977年9月28日
星座 天秤座
出生地/民族 中国上海/漢民族
職業 声優,監督
所属 音熊联萌
スポンサーリンク

磊哥の出演作品

ここからは、個人的にオススメしたい夏磊先生の出演作品をまとめています。

最初の2つは日本からでも猫耳FMというサービスを通して魔翻訳視聴ができますので、ぜひチャレンジしてくださいね。

今回紹介する吴磊先生の出演作品は、猫耳FMで視聴できるものに限定しています。

梦溪石原作【千秋】

最初に紹介するのは、日本ではすでに知っている人も多い千秋(山河剣心)。

古代中国を舞台にした、武侠ファンタジーBLです。

夏磊先生はこの山河剣心で、毒を盛られて瀕死の沈峤(受)を演じています。

多分夏磊先生の喘ぎ神は、この山河剣心から来ている。そう思うくらいめっちゃゼエゼエしています。

ちなみにお相手となる魔教の教祖:晏無師を演じるのは日本でも知名度のある吴磊先生。

ファンからは、二人合わせて”双磊”の愛称でも親しまれています。

ラジオドラマでは、そんな最強コンビの熱いラブシーンが視聴できるのポイントです。

Priest原作【天涯客】

2つ目におすすめしたいのは、日本でも実写ドラマ配信されたPriest原作の仙侠ファンタジーBL『天涯客』

猫耳FMでラジオドラマ作品としても配信されています。

この天涯客のラジオドラマで夏磊先生が演じるのは、主役の周子舒(受)

元皇帝の直属舞台で、物語開始時は余命数年の武道の達人です。

物語が進むにつれて、自分にかけた呪いで体が蝕まれていくまさに病弱が得意な夏磊先生にぴったりの役だったりします。

水千丞原作【谁把谁当真(谁比谁认真)】

3つ目に紹介するのは、中華BL作家として有名な水千丞先生原作『谁把谁当真』

猫耳FMではなく漫播という月額制の音声コンテンツ配信アプリで配信されている現代を舞台にしたBL作品です。

この作品で夏磊先生が演じるのは、34歳の会計コンサルタント黎朔(受)

黎叔叔黎朔

包容力のある紳士でありながら、年下のクズ攻め(ちょっとクズ)翻弄されます。

残念ながらブラウザ翻訳が効かないんだけど、すでに原作を知ってるよって人なら全然楽しめると思う。

このサイトではまだ作品紹介記事を作成していないので、ここでは漫播への直リンクを貼っておきます。

その他

最後は、主役ではないのですが存在感がある出演作品を紹介してみます。

存在だけでリスナーの胸を締め付ける【刺青】

刺青は、中国のBL作家不問三九先生による現代を舞台にしたBL作品です。

主役は、不器用彫り師(吴磊)×さわやか大学講師。

夏磊先生はこの爽やか大学講師の元カレ:林安を演じています。

千秋では吴磊老师といい感じだったのにこの作品では受けをとられてるし、なんなら泣きそうな声で話すから胸が締め付けられる!w

個人的にはとっても大好きな作品なので、ぜひチェックしてみてください。

刺青の作品情報

磊哥 その他の出演作品

その他、夏磊先生が出演している作品を下記にまとめてみました。

アニメ

  • 勇者大冒険:王胖子 神荼父亲
  • 全职高手(マスターズオブスキル):喻文州
  • 鬼滅の刃:鬼舞辻无惨 ※普通語版
  • 山河剣心:沈峤

ラジオドラマ

  • 有匪:谢允
  • 天涯客 第一期 第二期:周子舒
  • 默读 第二季:许文超
  • 穿堂惊掠琵琶声:沈识檐
  • 三分星野:诸葛亮
  • 全职高手:喻文州
  • 伪装学渣:报幕/唐森

ゲーム

  • 恋与制作人:许墨
  • 食物语:蟹酿橙

他に、映画・実写ドラマの吹き替えにもたくさん参加されています。それについてはまたおいおい追記していけたらいいな。

スポンサーリンク

おわりに

今回の記事を書くにあたって参考にしたリンクを下記にまとめました。

もしもっと夏磊先生のことが知りたい!って人はご自身でも覗いてみてくださいね。

おわり

0