中華声優情報

クズ役ならまかせろ!甘〜激情ボイスの温度差がえぐい!贾诩先生とその代表作を知る

中国のラジオドラマ配信サービス猫耳FMのおかげで、まんまと中華声優沼に片足をぶちこんでるあたいだよ!!!

最近は毎日のように猫耳聞いてて、声優単位で作品をチェックするのもお手のものになってきた!!!

ここ数日は、娘娘腔でクズ攻役を演じていた贾诩先生主役の作品ばっかり聴いています。

で、せっかくなので贾诩先生の魅力や出演作品についてちょっとだけまとめてみました。

娘娘腔
地獄はここにある|『娘娘腔』とかいうぶっ壊れた攻め×吃音受けの中華BL突然だけど中華BLには、”追妻火葬场(妻追火葬場)”というジャンルがあります。 最初は妻である受けが攻めによって辛い状況に追い込ま...

贾诩先生ってどんな人?年齢や特徴

贾诩/賈詡(jià xǔ)先生は、中国大陸の声優です。(声調が怪しいです、第3声が連続する時前の3声は2声になるっていうけど名前もそうなん?)

日本語で名前を呼ぶなら「ジャシー」が近いのかな?

ラジオドラマ『残次品』『灵笼·囚徒』を制作する瞬心文化スタジオに所属していて、ミステリアスで甘い低音ボイスが魅力です。

誕生日、血液型は公開されていませんが、主演作品がほとんど無料で視聴できることからもしかして若手さんかな?と勝手に想像している。

贾诩先生のプロフィール
  • 性別:男性
  • 誕生日:非公開
  • 血液型:非公開
  • 所属:瞬心文化
  • 微博(Weibo)ー@cv贾诩(https://weibo.com/6063536761)
  • 猫耳FMプロフィールー@cv贾诩(https://www.missevan.com/seiy/2851)
スポンサーリンク

何が良いの?贾诩先生の魅力

まだまだ情報が少ない贾诩先生だけど、出演作品はとにかく多いです。

猫耳FMだけで、100近くある。その中から再生数の多い順に聞いてるんだけど、どの作品でも基本的に頭おかしい役で、私の口角はずっと上がりっぱなし。

ここでは、そんな贾诩先生の魅力を足りない語彙力で頑張って言語化してみたよ。

妖艶な低音ボイス

まず一番言いたいのは、贾诩先生の声はクソ甘ってこと。

甘くて低い声といえば私の中で吴磊老师が有名だけど、贾诩先生の場合はその甘さの中に良い意味でのいやらしさみたいなものがあります。

まぁつまりえろい。

音が鼻にかかって抜けるような感じで、聞けば聞くほど美味しい。

ただ、彼の演じる役柄上、この甘くていやらしい低音ボイスを聞ける回数は少ない気がします。なにせ気象が荒いクズ攻め役が多いw

ちなみに贾诩先生は歌も良いです。すこ。

平時と怒った時のギャップが◎

艶かしい低音ボイスを有する賈詡先生ですが、演じる役柄上その甘い声を聴ける頻度は多くはありません。

なにせ贾诩先生の演じる役は、基本クズ攻めというか気性が荒い攻めが多いです。

作品によっては怒鳴り散らしているか、受けの脚にしがみついて許しを乞いている(イメージ)声が多い気がする。

でもこの声の温度差みたいなのがすっごく良くて、何回も繰り返し聴いちゃうんだよねw

ラジドラの音質が悪いとそれが音割れしてることもあるんだけど、有料のラジドラであればその怒鳴り声を綺麗に聞くことができます。

リップ音がカッピングで愛おしい

最後は、リップ音。

リップ音は中華BLでは絶対に外せない音の一つだと思うけれど、この音声優さんによって絶妙に違う。

贾诩先生のリップ音は乾いていて、キスではなくタバコを吸ってるみたいな音に近いです。

多分あんまり慣れてないのかな?って思うんだけど、もしくは口の形でそうなっちゃうのか知らんけど。

そのせいか、贾诩先生のキスシーン時は、「カッピング」って弾幕が流れてきて吹き出さずにはいられないですw

もちろんこれはキスシーンの演技がまだまだってことかもしれないけれど、なんだかんだ愛おしくなる。

今のうちしか聞けないかもしれないし是非チェックしてほしい。

猫耳FMで聴ける!贾诩先生が主役の作品

前述したように、贾诩先生が出演している作品は猫耳FMだけで100近くあります。

しかも贾诩先生主演の作品に限っていうと、ほとんどが無料で聴けちゃいます。(※ただし更新頻度が年1とか、半年に1回、なんならストップしてる作品も多い。)

今回はその中で、特に再生回数の多い作品を紹介してみます。

あたおかクズ攻め役ー水千丞著:娘娘腔-3521万回再生

まずは贾诩先生の代表作といっても過言では無いはずの娘娘腔。

娘娘腔

中国のBLジャンル追妻火葬场(追妻火葬場)を代表する作家水千丞先生先生が原作の作品です。

クズ御曹司×健気な吃音受けの話で、贾诩先生は攻の:邵群(shào qún-シャオチュン)を演じています。

クズの中のクズです^q^

甘いのは最初と最後だけで、基本的に叫んでる。

娘娘腔
地獄はここにある|『娘娘腔』とかいうぶっ壊れた攻め×吃音受けの中華BL突然だけど中華BLには、”追妻火葬场(妻追火葬場)”というジャンルがあります。 最初は妻である受けが攻めによって辛い状況に追い込ま...

黄金台ー561万回再生

ごめんこれはまだ聞いてなかった。

再生数多いから試しに聴いてみて。

狙った受けは逃がさない?-沉溺ー141万回再生

沉溺(chénni)は、中国の小説配信サイト:长佩文学(長佩文学)で閲覧できる三公子先生原作のラジオドラマです。

日本語にすると耽溺(たんでき)と書いて、良くないことに夢中になることを指すらしい。

この作品の主人公は、子持ちの男性×ピアノ教師。

どちらもタチ、贾诩先生は子持ちパパの宣淼を演じています。

なぜか1話は再生できないんだけど2話以降から優しい贾诩先生の声が聞ける!(中華作品は突然視聴できな苦なることが多い)

私自身途中までしか聴いていないので、この贾诩先生演じる子持ちパパがどう動くのかはわからないのだけど、

とりあえず甘ったるい贾诩先生の声だけを聞きたいならこちらへGO!

我和替身渣攻恋爱后,白月光回来了ー141万回

ごめんこれもまだ聴いてない。

復讐に燃える攻め役ー巴甫洛夫的狗 更新中-102万回再生

巴甫洛夫的狗(パブロフの犬)。追妻火葬场(追妻火葬場)系。再開した攻が受け(金持ちで天然)に復讐する話です。

私もまだちょっとしか聴いてないし、更新は6話でストップ中ですが、怒鳴り声なしの贾诩先生が聞ける(いまのところ)

ツンデレあたおか攻ー我家老攻脾气不太好ー96万回再生

贾诩先生の作品の中で、もっともほっこりできちゃう作品がこちらの「我家老攻脾气不太好」ではないかと個人的に思います。

「我家老攻脾气不太好」を意訳すると「僕の夫は気象が荒い」になると思う(あくまで意訳ね。)

タイトル通り、気象が荒いんだけど、受けに8年片想いしていて、んでもって隠し撮りした写真で部屋を埋め尽くしているあたおか(褒めてる)攻めを贾诩先生が演じています。

怒鳴り声と激甘ボイスをどっちも同じくらい聞けちゃうし、現代が舞台だから中国語初心者でも取っ掛かりやすい作品だと思う。

おせっせシーン(スラングで”車”)の切り上げがマッハで「まだ排気ガスしか吸えてないけど?」みたいなコメントが流れてくるのも面白いです。

スポンサーリンク

まとめ

というわけで今回は、平穏と怒鳴り声の温度差がギャップが良い贾诩先生と贾诩先生主演の作品をいくつか紹介してみました。

まだ聴いてない作品ももちろんあるんだけど、それは今後追記していきたいと思います。

贾诩先生主演の作品はほぼ無料で聴けるので、ぜひチャレンジしてみてね。

おわり