未分類

2020年5月11日アドセンス合格|3回合格した私が考えるアドセンスを通すための4つの方法

こんにちは、リボで生活する女アスだよ!!

つい昨日、2つめのサイトがグーグルアドセンスに合格しました。

ツイッターを検索すると、

コロナの影響で審査ができません

って言われている人が多くて心配だったんだけど、5月10日に2回目の申請→5月11日に合格と無事に通過!

コロナ禍で審査が滞る中合格できた理由としては、

追加申請だったこと

コロナに関する記事をいくつか投稿していたこと

等があげられるんじゃないかと思います。

とりあえず今回AdSenseに追加合格した当サイトの当時の状態をまとめてみました。

全17記事の雑記ブログでグーグルアドセンス(Google AdSense)の審査に合格するまでの話こんにちは!リボで生活する女アスだよ! 2018年5月19日、人生で初めてグーグルアドセンス(Google AdSense)の審査...

【2020年5月版】私のアドセンス合格までの道のり

まず最初に、当ブログ「アスの夜明け」がAdSenseに合格するまでの流れを書き出してみます。

アスの夜明けは、2020年3月24日にリボで生活する女アスの借金返済ブログとしてスタートしました

借金返済日記をメインに、ブログの運営や節約術についてをまとめる気持ち特化系のサイトです。

スタート時は、はてなブログで運営していましたが、Pro契約更新の日にちが迫った5月2日にワードプレスへと引っ越し。

新たにドメインを取得し、いくつかのリンクを修正したその日にアドセンス申請を送っています

スポンサーリンク

申請した時のブログの状況

1回目の申請

1回目の申請は5月2日の午後1時。

はてなブログからワードプレスへ引っ越し、エラーリンクを少し修正した直後です。

サイトの状況はこんな感じ。

申請日 記事数 1日の平均PV数 外部リンク
2020年5月2日 41 70PV 有り
画像 動画 埋め込み 記事内の見出し
そこそこ 有り 有り 有ったり無かったり
アドセンス以外の
広告
プライバシー
ポリシー
グローバル
ナビゲーション
お問い合わせ
ページ
Amazon&A8

通常の追加申請とは違い、WordPressのプラグインSite Kitを使っての追加申請

ちょっと不安でしたが、とりあえず1週間待つことに。

しかし、待てど暮らせど音沙汰はなく…。

「もしかして、Site Kit 経由の申請方法がまずいのでは?」と不安になった私は、一旦申請を削除。

その後、通常の手順でもう一度申請し直しました

2回目の申請

2回目の申請は5月10日の午前2時〜3時に行っています。

ブログの状況はこんな感じ。

申請日 記事数 1日の平均PV数 外部リンク
2020年5月10日深夜 43 150pv 有り
画像 動画 埋め込み 記事内の見出し
そこそこ 無し 有り 8割有り
アドセンス以外の
広告
プライバシー
ポリシー
グローバル
ナビゲーション
お問い合わせ
ページ
Amazon&A8

1回目の申請時より2記事増え、PV数も100〜150程度に増えた状態です。

2回目の申請中に、特定の記事を下書きへ

さらに、2回目の申請時は、申請を送った後に5つの記事を下書きへと戻しました。

理由は、以前メインブログのアドセンス申請した際に”内容が重複する記事を量産してしまったため”非承認になった経験があるからです。

それを申請後に思い出して、取り急ぎフォーマット&内容がかぶりやすい月の収支報告無職日記を下書きへ

これが正解かはわかりませんが、結果5月11日の午後8時ごろ、無事に合格通知をもらうことができました

結果 無事に合格!

審査にかかった時間は、2日ほど。

ちょっとだけ気が滅入って、Twitterでアドセンスに対して悪態をついた直後だったので「もしかして見られてる…!?」と思ったりしましたが(そんなわけがない)、

無事に通ることができたので、アドセンセーのことは許してあげようと思います。

合計3回合格した私が考える
アドセンスを通すための4つの方法

今回の合格を含めると、私はGoogleAdSenseの審査に計3回合格したことになります。

1度目は、2018年5月のブログスタート時

2度目は、2019年11月に新たにドメインを取得し、メインブログを引っ越した際。

3度目は、2020年5月の今回です。

3回とも、1回目は非承認・2回目に合格という流れです

上記の経験を踏まえると、アドセンスに合格するためには「ユーザーの滞在時間が長くなるようなサイト作りを心がける」のが一番の近道なのではないか?と考えます。

(ドヤ顔で書いているけど、これはすでにアドセンスのプライバシーポリシーにも書いてあるやつね!)

では、「ユーザーの滞在時間を長くする」にはどうしたらいいのか?

私が考える方法は、下記の4つです。

  1. 記事を丁寧に書く
  2. 中身がある記事を書く
  3. サイトのデザインをわかりやすくシンプルにしてみる
  4. 需要のある記事を書く

① 丁寧な記事を書く

まず1つ目は、「丁寧な記事を書く」ということです。

丁寧な記事とは、

誰が読んでも違和感や疑問点が残らない記事

見た目にメリハリがあって読みやすい記事

ということ。

例えば、誰かの悩みや問題を解決する記事であれば、その記事で使う言葉の一つ一つに難しい言葉は無いか、わかりにくい言葉はないかをチェックします。

もしわかりにくい言葉があれば、新たに解説項目を作ったり、カンタンな言葉に言い換えたりする必要があるでしょう

次の「記事にメリハリをつける」というのは、段落や太字、マーカーなどの装飾で見た目にリズムをつけて読みやすくするということです。

文字に強弱が無い記事より、段落やマーカーで色分けされた記事のほうが読みやすいのは明白です。

文章にリズムが生まれれば、ユーザーがブログに滞在する時間も伸びるはずです。

② 中身がある記事を書く

2つ目は、中身がある記事を書くということ。

記事の中身が薄っぺらい場合、どんなに記事を量産しても、ユーザーがブログに滞在する時間が短くなりがちです。

結果、グーグル側に広告を貼るメリットのないブログだと認識されます。

事実、私の2回目の審査時は、上記の理由で落とされました(内容が重複している記事を下書きに戻して合格しました)。

逆に、10記事程度しかアップしていないブログでも、その中身が濃い内容であればすんなりと審査が通ります。

③サイトのデザインをわかりやすくシンプルに

3つ目は、サイトのデザインをわかりやすくシンプルに作ること。

デザインをシンプルにすることで、ブログに訪れた人がお目当ての記事を探しやすくなります。

結果、一人ひとりのブログへの滞在時間が伸びて、「このサイトは良いサイトだ」と判断されやすくなります。

④ 需要のありそうな記事を書く

最後は、需要のある記事を書くということです。

これは一番重要なことですが、決して難しいことでは有りません

”需要”というのは、誰かが読みたくなるような記事ということ。

誰かが読みたくなる記事というのは

  • 悩みや問題を解決する記事
  • ノウハウ系
  • うんちく系
  • 有名人や芸能人についての情報

と多岐に渡ります。

さらにもう1つ重要なのが「自分の生活を切り取った記事」です。

最近はYou Tubeで「普通の人の日常」を動画ブログとしてアップするVlogなるものが流行っています。

この流行からわかる通り、人間は口には出さないけれど、他人の生活を覗き見るのが大好きです。

さらにそれが、公には聞けないことであればあるほど興味をそそられるもの

例えば

  • 借金の話
  • 恋愛の話
  • お金の話

などが該当すると思います。

そういった記事を書くことで、「このブログを運営している人は一体どんな人だろう?」と興味を持ってもらい、

結果、ブログに滞在する時間が伸び、グーグル側に「優良サイトっぽい」ことを認識させることができるのです。

スポンサーリンク

まとめ

前述した「アドセンス審査に通るコツ」は飽くまで私の持論です。

”ユーザーがじっくり読みふけってしまうような”魅力的な文章をかければ、あるいはこの限りではないかもしれません。

しかし、そんな文章をかける人間はごくわずかです。

とすれば、私達一般人は、

需要のあるテーマ

読みやすい&わかりやすい文章

操作性の高いデザイン

を重視して、地道にサイトを作っていく必要があると個人的には考えています。

ネットには他にも、アドセンスに通った人たちが自分の考察や経験談をたくさん公開しています。

どれを信じるかは自分次第。

あきらめず、何度もチャレンジしてみてくださいね!

おわり

created by Rinker
¥2,035
(2021/11/30 11:33:40時点 Amazon調べ-詳細)